ムスジイトトンボ

2012.06.30(Sat)

ムスジイトトンボは、沈水植物や浮葉植物の多い、開けた池で発生します。

P6297489.jpg
(20120629 千葉市緑区)

写真でもわかる通り、この池にはヒシだのオオカナダモだのが大繁茂しており、まさにそういった条件を満たしています。じーっと目を凝らすと、たくさんの個体がヒシの上を行き来していました。体長は3cm少々で、雄のこの鮮やかなブルーが植物とまぎれるので、岸から見ていると、ともすると見失いがちになります。

連結・産卵行動も撮影できました。雌は地味な色具合です。

P6297461.jpg
(20120629 千葉市緑区)

ムスジイトトンボは、セスジイトトンボやオオイトトンボと実に形態がよく似ています。今回も「ひょっとして間違えたら・・・」と思い、いつもお世話になっている房総蜻蛉研究所のT先生にご確認を仰いだところ、ムスジイトトンボで良いだろうとのことでした。

どちらかと言えば南方系の種で、日本では宮城県以南、国外では台湾、中国大陸の一部、ベトナムに分布しています。「千葉県レッドデータブック動物編 2011年改訂版」によれば、現在、千葉県内での確実な産地は10箇所に満たないとのことです。

※ムスジイトトンボ
千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)
千葉県レッドリスト・B(重要保護生物)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

18:29 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑