DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハナグモ、ノシメトンボを捕食する

ヤブカンゾウの蕾に、ちょっと変な姿勢でノシメトンボがへばりついていると思ったら・・・

P7067762.jpg
(20120706 千葉市若葉区)

なんと、ハナグモに捕まっていたのでした・・・!複眼の縁のあたりに、がっちりと咬みついています。

P7067773.jpg P7067768.jpg
(20120706 千葉市若葉区)

ノシメトンボはまだ生きていて、時折弱々しく羽ばたいています。体格差を考えると力づくで振り切って逃げられそうな気がしますが、力なのか技なのか急所を押えているのか、とにかくそれをさせない術がハナグモにはあるようです。ハナグモはカニグモの仲間で、網を張らず、名前の通り花の中などの植物に隠れて獲物を待ち受けます。こうして非常に大きな獲物を捕えていることもしばしばです。この写真の個体は「無紋型」と言われるタイプの雌で、白い腹部には個体によって模様のあるものとないものとがおり、雄よりも雌の方が2倍くらい大きいのです。

▽ハナグモに関する過去の記事

ハナグモ(♀) 2009.10.13

ハナグモの狩り 2008.4.30


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/07/07 18:09 ] 鋏角類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。