DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キイトトンボの未成熟個体

キイトトンボは、千葉県レッドデータブックでは「C(要保護生物)」にランクされています。減少の著しいトンボのひとつで、特に北総においては多くの地域で姿を消しています。

毎月調査に行っている袖ヶ浦の谷津田の奥の池で、多数の未成熟個体が乱舞している光景に出会いました。

IMG_7939.jpg IMG_7943.jpg
(20120710 袖ヶ浦市)

未成熟個体は、翅胸と複眼の色が成熟個体とは異なります。キイトトンボはイトトンボの中ではかなりがっしりした体格ですが、それでも体長4cm程度。レモンイエローが目に眩しいほど鮮やかです。

雌は色が薄く、ちょっと竹を思わせる質感です。

IMG_7974.jpg
(20120710 袖ヶ浦市)

このキイトトンボ、産卵の際に雄が雌の体の上に直立して警護するという習性を持っています。来月あたり、その模様も撮影できたらいいなあと思っております。

※キイトトンボ
千葉県レッドリスト・C(要保護生物)
千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)


▽キイトトンボに関する過去の記事

キイトトンボの雌雄 2011.8.11

キイトトンボ 2010.8.24
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/07/14 18:39 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。