コカブトムシ

2012.07.16(Mon)

日本のカブトムシというと、みんなが知ってるあのカブトムシ一種類しかいないと思っていらっしゃる方も多いかと思います。実際には、国内には数種類のカブトムシがおり、そのうち本州には、いわゆるカブトムシ以外に、この「コカブトムシ」が生息しています。

IMG_7996.jpg IMG_8001.jpg
(20120712 千葉市中央区)

「コ」がつくだけあってご覧の通り小さく(体長は2cm前後です)、カブトムシというよりクワガタの雌みたいなスタイルです。おでこにはこれまた小さな角が一本あり、背中には独特のくぼみがあります。

幼虫が朽木で育つというのはカブトムシっぽいですが、成虫はなんと肉食です。小動物の死骸に集まり、時には他の昆虫を襲うこともあります。千葉県内においてはほぼ全域に生息していますが個体数は決して多くなく、出会う機会はちょっぴりレアです。

※コカブトムシ
千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

21:42 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
668位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
66位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑