ウシガエル、ヤマカガシを捕食する

2012.07.17(Tue)

よく知っている場所に行く時に、その場所をよく知らない人たちと一緒だとなぜか変てこな光景に出会ってしまう、ということはしばしばあります。自分以外の視点がそこにあることを意識することで、自分自身の視点にも「まぎれ」が起きるのかもしれません。あるいはまた、その場所を構成する生き物を初めとする様々な要素が、イレギュラーな到来者に対してそれぞれの立場で反応を示すのかもしれません。

この日は千葉アートネットワーク・プロジェクト(WiCAN)の企画で自然観察会のようなことをやっておりまして、そこで遭遇したのがこれです。

P7147884.jpg P7147887.jpg
(20120714 千葉市若葉区)

・・・記事のタイトルは書き間違いじゃないのです。ご覧の通り、頭から食べております。

ヘビがカエルを食べるというのは一般常識の範囲内ですが、大きなカエルは小さなヘビを食べることがあるというのは事実です。肉食動物の捕食能力というのは口の大きさとある程度比例する場合があります。ウシガエルは、ごく大雑把に言えば口に入る生き物なら何でも食べてしまうので、このように体長2、30cmの小柄なヘビなら充分に獲物となるのです。解剖してみたら胃の中からカワセミが出てきた、という恐ろしい話も聞いたことがあります。

その捕食能力と繁殖力により、ウシガエルは、現在では日本各地で他のカエルを初めとする在来種の生存に脅威を与えています。2006年、ウシガエルは外来生物法により「特定外来生物」に指定されました。許可なく飼育個体を野外に放逐したり、野外で捕獲した個体を飼育したりする行為には、懲役3年以下もしくは300万円以下の罰金が科せられます。

※ウシガエル
特定外来生物


▽ウシガエルに関する過去の記事

ウシガエルに抱接するアズマヒキガエル・2012年 2012.4.16

ウシガエル集合 2011.6.7

ウシガエルの日光浴 2011.4.3

アズマヒキガエル、ウシガエルに抱接する 2010.3.18

ウシガエルのオタマジャクシ 2010.3.5

千葉市の両生類 2010.1.24

ウシガエルの幼体 2009.10.16

ウシガエル@泉自然公園 2009.10.5

ウシガエル 2009.5.11

関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

18:49 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
369位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
39位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑