DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウシガエル、ヤマカガシを捕食する

よく知っている場所に行く時に、その場所をよく知らない人たちと一緒だとなぜか変てこな光景に出会ってしまう、ということはしばしばあります。自分以外の視点がそこにあることを意識することで、自分自身の視点にも「まぎれ」が起きるのかもしれません。あるいはまた、その場所を構成する生き物を初めとする様々な要素が、イレギュラーな到来者に対してそれぞれの立場で反応を示すのかもしれません。

この日は千葉アートネットワーク・プロジェクト(WiCAN)の企画で自然観察会のようなことをやっておりまして、そこで遭遇したのがこれです。

P7147884.jpg P7147887.jpg
(20120714 千葉市若葉区)

・・・記事のタイトルは書き間違いじゃないのです。ご覧の通り、頭から食べております。

ヘビがカエルを食べるというのは一般常識の範囲内ですが、大きなカエルは小さなヘビを食べることがあるというのは事実です。肉食動物の捕食能力というのは口の大きさとある程度比例する場合があります。ウシガエルは、ごく大雑把に言えば口に入る生き物なら何でも食べてしまうので、このように体長2、30cmの小柄なヘビなら充分に獲物となるのです。解剖してみたら胃の中からカワセミが出てきた、という恐ろしい話も聞いたことがあります。

その捕食能力と繁殖力により、ウシガエルは、現在では日本各地で他のカエルを初めとする在来種の生存に脅威を与えています。2006年、ウシガエルは外来生物法により「特定外来生物」に指定されました。許可なく飼育個体を野外に放逐したり、野外で捕獲した個体を飼育したりする行為には、懲役3年以下もしくは300万円以下の罰金が科せられます。

※ウシガエル
特定外来生物


▽ウシガエルに関する過去の記事

ウシガエルに抱接するアズマヒキガエル・2012年 2012.4.16

ウシガエル集合 2011.6.7

ウシガエルの日光浴 2011.4.3

アズマヒキガエル、ウシガエルに抱接する 2010.3.18

ウシガエルのオタマジャクシ 2010.3.5

千葉市の両生類 2010.1.24

ウシガエルの幼体 2009.10.16

ウシガエル@泉自然公園 2009.10.5

ウシガエル 2009.5.11

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/07/17 18:49 ] 両生類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。