ヤブキリの終齢幼虫

2008.06.27(Fri)

『北斗の拳』直撃世代の私としては、思わず、聖帝サウザーの真似で「ほう・・・でかくなったな小僧・・・」と呟いてしまいそうになりまする。


この子たちが、二ヶ月経って大きく成長しました。



  

(20080625 千葉市若葉区)


体長もほとんど成虫と遜色なく、よく太った立派な終齢幼虫となっています。成長過程では多くの犠牲もありましたけれど、「よくぞ今日まで生き延びてきた!!」とラオウの真似をして上から目線で誉めてやりたくなりまする。<しつこい



 

(20080625 千葉市若葉区)


小さい頃は花びらを食べたりしていたヤブキリですが、このくらいになると肉食性がどんどん強くなり、他の昆虫を襲って食べたりします。狩られるものが、時とともに狩る側へと変ってゆくわけです。心なしか、顔つきも昔とは違って見えますね。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・バッタ目

21:15 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑