ヤマカガシ、ウシガエルを捕食する

2012.08.09(Thu)

先月、ウシガエルがヤマカガシを捕食する模様を取り上げましたが、やはり通常はヘビがカエルを食べる光景の方が数としてはずっと多いことでしょう。

林縁で、ウシガエルの右後肢をくわえているヤマカガシに出会いました。

P8088371.jpg
(20120808 千葉市若葉区)

ウシガエルはまだ幼体で、ニホンアカガエルの成体くらいの大きさです。動画に撮影してみました。



ヤマカガシはカエルの右の後肢を確保しつつ、何度もくわえ直しながら顎を大きく開いてカエルの体を少しずつ引き込んでゆきます。カエルは懸命に踏ん張り、時折激しく暴れるものの、なかなか逃れることはできません。時折野外で見かける、片方の後肢の欠損したカエルは、このような事態から運良く逃れることのできた個体だったりするのでしょう。それにしてもヘビの顎関節というのは実によく開くものです。ヘビはある程度カエルの体を引き込むと、外に出ている左後肢をもまとめてくわえ込もうとしています。最後の方に足音が入っていますが、途中で通りすがりの人が近づいてきて、ヘビはカエルをくわえたまま斜面林の中へ登っていってしまいました。

それにしても、この現場は、直近の水辺から200mほども離れています。ウシガエルでもそれほど水辺から離れることがあるということも、新しい発見でした。

※ヤマカガシ
千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)


▽ヤマカガシに関する過去の記事

ウシガエル、ヤマカガシを捕食する 2012.7.17

ヤマカガシ、ニホンアカガエルを捕食する 2011.10.12

泳ぐヤマカガシ 2011.9.18

威嚇するヤマカガシ 2011.5.23

ヤマカガシ、ニホンアマガエルを捕食する 2011.5.15

ヤマカガシのとぐろ 2010.11.1

田んぼのヤマカガシ 2010.5.26

ヤマカガシ、ニホンアカガエルを捕食する 2010.3.4

ヤマカガシの幼体 2009.8.24

ヤマカガシの多い日 2009.7.7

ヤマカガシ@原田池 2009.5.4

ヤマカガシ 2008.5.30
関連記事
スポンサーサイト

Category: 爬虫類

20:44 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑