DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アキアカネ

アキアカネは、北総地域で見られる赤トンボの中でも大変に珍しいトンボです。

と書くと、「えーっ」と思われる方が多いことでしょう。しかし、2012年現在、それは事実です。ここ数年のアキアカネの減少は文字通り割り算のような勢いで、今では千葉の里山では滅多に出会うことのできないトンボになっているのです。

P8148338.jpg P8148340.jpg
(20120814 千葉市若葉区)

千葉に限ったことではなく、実はアキアカネの減少は全国的な現象です。その原因には、田んぼの圃場整備や減反による産卵環境の悪化、地球温暖化など様々取り沙汰されてきました。しかし近年、最も有力視されているのが、ミツバチの減少などとも絡めて論ぜられている浸透性農薬、この場合、具体的には稲の苗箱処理剤、フィプロニルです。これがアキアカネの卵、幼虫に及ぼす影響については既に多数の論文があります。

「プリンス粒剤」という名で売られているのが、それです。

▽アキアカネに関する過去の記事

アキアカネの減少 2010.10.8

オオカマキリ、アキアカネを捕食する 2009.10.29

アキアカネの未成熟個体 2008.6.19
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/14 21:51 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。