チョウトンボ

2012.08.23(Thu)

だいたいにおいて、人間の目というのは、わりと決まったものしか見ていないものです。私など千葉の田舎で生まれ、さんざんあたりをうろついて育ち、なんだって知っているつもりでしたが、チョウトンボなるものがその自分の生まれ育った家の近所に沢山生息していることを知ったのはたった三年前のことでした。

P8228594.jpg P8228595.jpg
(20120822 千葉市若葉区)

チョウトンボは、抵水植物の多い池や沼で発生します。この写真を撮った池と、そこから数キロ離れた別の池にはずいぶんな数が生息していますが、千葉市内の確実な産地はおそらく十指に満たないことでしょう。

この写真の個体は雄で、雌はさらに腹部が短く、いっそうチョウのような姿です。藍色の金属光沢を帯びた翅は日光の当たり方によってその色を微妙に変化させ、多数の個体が水面上をひらひらと飛ぶ光景はいつ見ても素晴らしいものです。

※チョウトンボ
千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)
千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)


▽チョウトンボ

チョウトンボ 2011.7.13
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

17:08 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
83位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑