DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏の終わりとミドリヒョウモン

ミドリヒョウモンは、房総半島では梅雨の季節から成虫が発生しますが、暑い夏の間はほとんどお目にかかりません。なぜなら、「夏眠」して暑さをやり過ごしているからです。

お盆明けから、暗く涼しい森の中で出会う機会が徐々に増えてきました。

P8248627.jpg P8248629.jpg
(20120824 千葉市若葉区)

6月頃と違い、秋に活動する個体はたいていこのように翅がボロくなっています。ひと夏を生き抜いた彼らは交尾・産卵して次代に命を繋いでゆくのです。

※ミドリヒョウモン
千葉県レッドリスト・C(要保護生物)
千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)


▽ミドリヒョウモンに関する過去の記事

ミドリヒョウモン(♀) 2011.6.24

ミドリヒョウモン 2010.9.19
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/24 17:55 ] 昆虫類・チョウ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。