DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アオモンイトトンボ異色型♀・未成熟個体

何度かこのブログでも取り上げた通り、アオモンイトトンボとアジアイトトンボはまことにそっくりです。加えて、アオモンイトトンボの雌には、雄と同じカラーリングになる同色型、雄とは異なるカラーリングになる異色型の二種類があり・・・などと書いているだけでなんだかよくわかんなくなってきますね。

とりわけややこしいのは、アオモンイトトンボの「異色型」の雌とアジアイトトンボ雌の区別です。しかもこれが、未成熟な時にはどっちも頭胸部がきれいなオレンジ色をしているときたもんだ。

P8258613.jpg P8258616.jpg
(20120825 千葉市緑区)

区別するには腹部背面を見る必要があり、アジアイトトンボでは黒条がずーっと、翅の付け根まで続いてますが、アオモンイトトンボではこれが写真のように腹部第二節の途中で途切れているので、上から見ると腹部背面の頭胸部に近い部分にもオレンジ色の部分があります。

この二種類、ほぼおんなじようなところに生息していますが、アオモンイトトンボのほうがわずかに大きく、脚なども逞しい感じがします。アオモンイトトンボというのはわりかし獰猛なトンボで、しばしばアジアイトトンボを襲って捕食していることもあります。

▽アオモンイトトンボに関する過去の記事

アオモンイトトンボ 2011.7.11
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/25 18:07 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。