ジャノメチョウ

2012.08.26(Sun)

ジャノメチョウというといかにも普通種という感じがするし、模様もとても地味なのだけれど、実は近年減少著しく、千葉市近郊ではあまり姿を見なくなりつつあります。これは、本種の好む明るい草原や河川敷などの環境が悪化していることに原因があるとされています。

P8258626.jpg P8258629.jpg 
(20120825 千葉市緑区)

体格は意外に大きく、ヒョウモンチョウと同じくらいのサイズがあります。この写真の個体は雌で、雄はもっとくすんだ色をしており、「蛇の目」紋も明瞭さを欠きます。現在、千葉県・千葉市とも、レッドリストには「C(要保護生物)」として記載されています。

※ジャノメチョウ
千葉県レッドリスト・C(要保護生物)
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

17:44 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑