ブルーギル

2012.08.27(Mon)

ブルーギルを初めて日本に持ち込んだのは、今上天皇陛下です。1960年、当時皇太子であった明仁親王が、訪米中にシカゴ市長より15尾を贈られ、水産庁の研究所に寄贈し、のち静岡県の一碧湖に放流されたのが全ての始まりでした。現在国内で繁殖している全てのブルーギルはこの際の15尾の子孫であることが、三重大学生物資源学部の河村功一准教授らによるミトコンドリアDNAの分析により明らかにされています。

P8258652.jpg P8258661.jpg
(20120825 千葉市緑区)

陛下が日本に持ち込んだのは、味がよく美味しい上たいへん釣りやすいので、都会の子供たちに釣りを楽しんでもらえれば・・・とのお考えからであったということです。1960年というのは、日米新安保条約が成立したり、社会党の浅沼稲次郎党首が暗殺されたり、池田内閣が所得倍増計画を掲げたりした年です。敗戦から15年、日本はいまだ食糧難の時代でした。

その後ブルーギルは、釣り人や釣り業者の手によるブラックバスの餌としての放流、また水産試験場などからの逸走その他の要因により、ドボドボと拡散されていったのは周知の通り。現在、国内には驚くなかれ数億尾が生息しているということです。

ブルーギルの「ブルー」というのは、エラ蓋の部分の青い斑紋に由来します。肉食寄りの雑食で繁殖力極めて旺盛、汚染にも強く、自分の卵は守り他の魚の卵は食べてしまうなどの性質から、生態系に与えるダメージはブラックバスよりもむしろ上だと考えられています。

2007年、天皇陛下は第27回全国豊かな海づくり大会において、自らがこの魚を最初に持ち帰ったことに言及した上で「今このような結果になったことに心を痛めています」と発言されました。大会が開催された滋賀県は、いうまでもなく琵琶湖を抱え、ブルーギルによる害が最も直接的かつ深刻な形で現れている県のひとつです。その来歴からかつて「プリンスフィッシュ」と呼ばれた魚は、今では全国の水場を席巻し、特定外来生物に指定されています。その無許可での飼養、販売、野外へ放つなどの行為に対しては、個人には3年以下の懲役や300万円以下の罰金、法人には1億円以下の罰金が科されることとなっているのです。

※ブルーギル
特定外来生物

関連記事
スポンサーサイト

Category: 魚類

21:18 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑