キツネノカミソリの朔果

2012.09.03(Mon)

夏の終わりとともに、谷津の斜面林からはキツネノカミソリの花が消え、かわりに朔果が現れました。

P8318642.jpg P8318641.jpg
(20120831 千葉市若葉区)

中には黒い種子が入っています。

キツネノカミソリ、という名前の由来は、葉が鋭い刃物のような形であるからとも、花が暗いところに群生して咲き、かつ燃えるような色で狐火のようだからとも言われます。しかし、今の季節にはそのどちらも見ることはできません。もしも一年中こんなスタイルのままの植物だったら、果たしてどんな名前がついたことでしょうか。でも、やはりそれは無意味な疑問であることでしょう。一生涯ずっと朔果のままで固定された植物なんて、それはちょっとありえないからです。

※キツネノカミソリ
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)


▽キツネノカミソリに関する過去の記事

キツネノカミソリ 2009.8.6
関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

18:11 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
683位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
69位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑