ナミテントウ(オレンジに黒班型)

2008.06.30(Mon)

さて、このブログで取り上げるのも何と四度目のナミテントウです。この記事この記事この記事で、要するにナミテントウには遺伝子の違いによっていろんな模様があるんだよーということを述べてまいりましたが、またちょっと違うタイプを発見したのでご報告いたします。場所は前三本の記事と同じアジサイの葉っぱの上。



  

(20080630 千葉市若葉区)


こりゃまた派手ですね。親の顔が見たいものです。<意味が違


前に取り上げた、赤地に黒班たくさんのタイプと基本的に同じですが、こっちは地色がオレンジ色。


以前の記事をおさらいするのが面倒くさいという皆様のために、これまでにこのブログでアップしたナミテントウの模様を改めてのっけてみます。撮影場所は全て同じアジサイ。



 

(20080521)



 

(20080620)



 

(20080623)



 

(20080627)

ほとんど同じ場所にいて、同じアブラムシを食べて、幼虫やサナギの時はみな同じような顔をしているのに、成虫になるとこれだけの違いが現れる。なぜなのか。何のためなのか。遺伝子というのは測り知れないものですね。


関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

18:29 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
600位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。