DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オオクモヘリカメムシ

クモヘリカメムシといえばイネの害虫として知られています。それに似ており、かつそれよりも大きくてがっしりしているので「大クモヘリカメムシ」というのがこれです。

P9098715.jpg P9098719.jpg
(20120909 千葉市若葉区)

こちらはイネにはつかず、幼虫はネムノキの汁を、成虫はミカンの仲間やカキの汁を吸って暮らしています。美しい緑色で、プロポーションもなかなかカッコいいのですが、つついていじめたりすると大変にくさい匂いを出します。なんか前にテレビ番組で、「青リンゴの匂いがするカメムシ」なんて取り上げられたことがあったそうですが、実際に臭いを嗅いだ私の印象では、この虫の発する匂いが青リンゴの匂いに似ているというのは「あの人はイチローに似ている。なぜなら野球経験者だから」というのと同じようなものだと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/10 13:36 ] 昆虫類・カメムシ目 | TB(-) | CM(2)
鮮やかな緑の身体に、褐色の翅。
なかなかおしゃれなカメムシですね。
この不思議な色合いが、ミカンの木などでは保護色の役目を果たすのですから不思議ですね。
[ 2012/09/10 23:17 ] [ 編集 ]
>hayenokazeさん
明るいところで見るととっても綺麗ですよね。

虫たちの色の一つ一つには生きていく上での意味があると考えると、とてもおもしろいです。
[ 2012/09/11 14:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。