DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

黒いドバト

鹿島川沿いの電線に、スマートな黒いハトがとまっていました。

一瞬、「もしやカラスバト?!」と思いましたが、

P9108740.jpg P9108738.jpg
(20120910 千葉市若葉区)

やはりそれは一瞬。ドバトでした。カラスバトなら目に赤い部分がなく、嘴の根元の白い部分もないはずです。

ドバトというのはもともとヨーロッパから中央アジア、北アフリカを原産とするハトが飼い慣らされ、しかるのちに改めて野生化したものです。日本には奈良時代には既に持ち込まれていたということですから、外来種の中でもよほど古いほうに属します。その色彩、羽の色は変化に富んでおり、このようにほぼ真っ黒なもの、そして純白に近いものまで存在します。これは、家禽であった時代に様々な品種が作られていた名残なのです。

▽ドバトに関する過去の記事

ドバト大接写 2012.4.17

ドバト 2008.4.21
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/12 18:29 ] 鳥類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。