黒いドバト

2012.09.12(Wed)

鹿島川沿いの電線に、スマートな黒いハトがとまっていました。

一瞬、「もしやカラスバト?!」と思いましたが、

P9108740.jpg P9108738.jpg
(20120910 千葉市若葉区)

やはりそれは一瞬。ドバトでした。カラスバトなら目に赤い部分がなく、嘴の根元の白い部分もないはずです。

ドバトというのはもともとヨーロッパから中央アジア、北アフリカを原産とするハトが飼い慣らされ、しかるのちに改めて野生化したものです。日本には奈良時代には既に持ち込まれていたということですから、外来種の中でもよほど古いほうに属します。その色彩、羽の色は変化に富んでおり、このようにほぼ真っ黒なもの、そして純白に近いものまで存在します。これは、家禽であった時代に様々な品種が作られていた名残なのです。

▽ドバトに関する過去の記事

ドバト大接写 2012.4.17

ドバト 2008.4.21
関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

18:29 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
683位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
69位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑