コガタスズメバチ

2012.09.14(Fri)

テレビなんかでは、「スズメバチ=危険、とにかくいきなり襲ってこられる」というような単純な構図でとらえられがちです。その方がセンセーショナルだし、視聴率もとれるから・・・というわけですが、現実のスズメバチは決してそんなに問答無用で危険な生き物ではありません。何しろこれだけ野外をうろうろしている私にしてからが、人生37年、スズメバチに刺されたことは一度もないのです(刺されそうになったことは何度かありますが・・・)。

中でもこのコガタスズメバチなどは、かなりおとなしい性質をしており、時にはこうして接写させてくれたりもします。

P9138800.jpg P9138802.jpg
(20120913 千葉市若葉区)

「小型」といっても体長3cm弱ほどあり、オオスズメバチを若干縮小したような姿をしています。トックリか花瓶を逆さまにしたような形の巣を、時には人家の軒下に作ったりすることもありますが、むやみに刺激しなければ通常は襲ってきません。

確かに、時と場合によってはスズメバチは危険な生き物で、生命にかかわる場合もあります。でも、私は、そういったことのみを取り上げて、物事の性質を単純化してしまうような表層的なレッテルだけで規定してしまうのは、やはりテレビの罪だと思っています。どんな現象にも理由というものがあり、表層の下には様々な事実が隠されているのです。にもかかわらず「〇〇=XX」みたいなものばかりを提示されて、それに対して盲目的に「ふんふん、テレビが言ってるからそうなのか」という感じで生きていくとしたら、それはあんまり主体的な人生とは言えないように思います。

▽コガタスズメバチに関する過去の記事

コガタスズメバチの初期巣 2011.5.30

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハチ目

20:01 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

hayenokaze(南風) #-

まったくもって、同感です。
私もよくスズメバチの撮影をしますが、彼らは威嚇することはあっても、攻撃をすることはありません。
ただし、こちらから攻撃を仕掛けた場合は、その限りではありません。
彼らは死にものぐるいで襲ってきます。
スズメバチ=悪い虫と教えるのではなく、遭遇したときなどの対処方法を教えるべきですね。

2012.09.18(Tue) 11:10 | URL | EDIT

大島健夫 #-

Re: タイトルなし

>hayenokazeさん
ありがとうございます。
テレビなんか見てると、「危険だ」ということは煽っても、「どうすれば共存できるか」みたいなことはひとつも言わないんですよね。
これは虫だけでなく、他のことに対しても言えると思います。

2012.09.18(Tue) 11:26 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑