ミズヒキ

2012.09.21(Fri)

暗めの林床や林縁に、赤い「切り取り線」みたいな姿で生えるミズヒキ。北海道から沖縄まで全国に生育する、タデ科の多年草です。

P9218876.jpg P9218877.jpg
(20120921 千葉市若葉区)

ちなみに「ミズヒキ」というのは、お祝いに使う「水引」のことです。総状花序の上半分が赤、下半分が白く見えることからの命名です。「切り取り線」なんて言っちゃいけませんね。

P9218880.jpg
(20120921 千葉市若葉区)

赤いのは閉じた花びらのように見えますが、実際には萼片です。中から伸びた白いカギ状のものは花柱の変化したもので、これで動物などにくっついて種の拡散をなそうとたくらんでいるわけです。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

15:48 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
369位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
39位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑