DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルリチュウレンジ

ルリチュウレンジは、体長1cm弱。濃いメタリックブルーの美しいハバチです。

P9248909.jpg P9248918.jpg
(20120924 千葉市若葉区)

ハバチの仲間というのは原始的なハチで、毒針を持っていません。幼虫はイモムシ型で、しばしば農作物や園芸植物の害虫として扱われます。このルリチュウレンジの幼虫も、ツツジやサツキの葉を食害するところから駆除の対象とされたりします。

それにしても、「ルリチュウレンジ」っていうのはなんだか不思議な名前です。「ルリ」が「瑠璃」なのは体色からしてわかりますが、「チュウレンジ」ってなんでしょう?中レンジ?宙恋寺?注連時?

実はこれ、漢字で書くと「鐫花娘子」という字面になるのです。「鐫」なんて字、ふつうの日本人はおそらく一生使いませんよね。この字は「彫」という字とだいたい同義で、心に刻みつけて覚えておくという意味の「鐫録」なんていう言葉もあります。この種のハチは植物に産卵管を突き刺して卵を産むので、その姿からこのような名前がついたもののようです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/25 12:34 ] 昆虫類・ハチ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。