オオスズメバチ、ハラビロカマキリを肉団子にする

2012.10.02(Tue)

10月に入り、スズメバチの活動も次第に活発になってきました。農道の路上で、オオスズメバチが何かをかじっているのを見つけ、例によってのこのこと近づいて接写を試みました。

IMG_0053.jpg IMG_0055.jpg
(20121002 千葉市若葉区)

かじっているのはハラビロカマキリです。自分で仕留めたのか、それとも動けなくなっているところにかかっていったのか、それはどちらとも言えませんが、ハチは既にカマキリの腹のほうから大顎で噛み砕き、肉団子の作成に取りかかっています。

動画に撮影してみました。



脚でしっかり獲物を押さえ、大顎で噛み砕いてはどんどん丸めていきます。こんな状態でもカマキリが時折、鎌状の前脚を動かしているのが少し背筋が寒くなります。

最終的にハチは、自分の頭ほどの大きさの肉団子をカマキリ本体から切り離し、いずこかへ運んでいきました。いや、いずこかへ、と言うよりも、幼虫の餌とするために巣に運んだに違いないのです。その行動半径は、だいたい1km前後だということです。よく知られているように、その巣は多くの場合、土中にありますが、時には樹洞などを利用することもあります。

▽オオスズメバチに関する過去の記事

オオスズメバチの吸水 2012.9.1

クヌギに集まる昆虫たち再び 2010.8.5

クヌギの木のオオスズメバチ 2010.6.23

オオスズメバチ、柿の実に集まる 2009.9.27

クヌギに集まる昆虫たち 2009.8.6

オオスズメバチ 2008.10.10
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハチ目

20:44 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

hayenokaze(南風) #-

今年はスズメバチ(特にキイロスズメバチの活動が活発ですね。
残念ながら、宮崎県内で一人の方がキイロスズメバチに刺され亡くなられました。

気をつけたいモノですね。

2012.10.06(Sat) 22:10 | URL | EDIT

大島健夫 #o/PXu/q6

>hayenokazeさん
まさにここからの二週間ほどが、ハチも緊張が高まってくる季節ですね。

野外では慎重を心掛けなければなりませんね。

2012.10.09(Tue) 12:15 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑