DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

卵嚢を運ぶイオウイロハシリグモ

この日、林縁の葉上に、こうした白い袋のようなものを抱えているイオウイロハシリグモの姿がいくつか散見されました。

IMG_0840.jpg IMG_0842.jpg
(20121012 千葉市若葉区)

この袋のようなものは卵嚢で、正確に言うと抱えているのではなく口器でくわえているのです。イオウイロハシリグモの雌は、こうして卵嚢を持ち歩いて保護し、やがて孵化が近づくと植物の間に簡単な巣をつくり(保育網といいます)、子グモが孵化して分散していくまで見守り続けます。これは、その期間ほぼずっと、雌が絶食するということを意味しています。最初は口に卵をくわえ、次に生まれた子のそばでじっと守っているのでは狩りなどしようもありません。

イオウイロハシリグモは、千葉の里山で見られる網を張らないクモとしては、スジブトハシリグモなどと並んで最大の種のひとつです。雌の方が大きくなり、その体長は時に3cm近くにも達し、肢を広げるとまるで掌のようなサイズにまで成長します。

▽イオウイロハシリグモに関する過去の記事

イオウイロハシリグモ 2010.2.13




関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/10/15 19:47 ] 鋏角類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。