DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オナガアゲハの前蛹

スマートな姿と長い尾状突起が優雅なオナガアゲハは、初夏と真夏の年二回発生するチョウで、春型は蛹で越冬します。

終齢幼虫がその蛹になる前段階、「前蛹」が杭にくっついているのを見つけました。

IMG_0857.jpg IMG_0862.jpg
(20121012 千葉市若葉区)

オナガアゲハの幼虫の食草はコクサギなどのミカン科の葉で、見渡したところ近くにそんなものはないようです。しかし、他のアゲハチョウ各種でも、越冬蛹になるものはかなり食草から離れたところまで移動して蛹になるという行動が知られていますので、きっとこれもそうしたものでしょう。

蛹というのは、昆虫の中の一部のものが獲得した、実に不思議な形態です。ほとんど食べて成長するだげだった幼虫から、空を飛び、繁殖することが可能な成虫に羽化するために、じっと動かずにいてその間に、全く別物ともいえるような存在へとダイナミックに成長することを可能にしているのです。弱点はもちろん、じっと動かずにいるために外敵に極端に弱いことなのですが・・・

※オナガアゲハ
千葉県レッドリスト・C(要保護生物)
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)


▽オナガアゲハに関する過去の記事

オナガアゲハ(♂)の吸水 2011.6.15

オナガアゲハ(♀) 2010.5.18
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/10/16 11:40 ] 昆虫類・チョウ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。