コバネイナゴの交尾

2012.10.17(Wed)

イナゴを漢字で書くと、「蝗」あるいは「稲子」となります。とにかく田んぼと言えばイナゴ、というわけで、古来より、農業害虫の中の農業害虫、とも言うべき存在です。中でもこのコバネイナゴこそは、様々な田んぼで最もポピュラーなイナゴです。

IMG_1020.jpg
(20121017 千葉市若葉区)

成虫は夏に出現し、かなり気温が冷え込んでも生き残り、下手をすると12月まで姿を見られることもあります。秋にこうして交尾し、卵で越冬、初夏に孵化して幼虫が誕生するという生活史です。

佃煮の材料としても知られていますが、なんでもホントウにうまいのは素揚げだとか・・・

▽コバネイナゴに関する過去の記事

ニホントカゲ、コバネイナゴを捕食する 2009.9.15

コバネイナゴ 2008.10.27
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・バッタ目

19:26 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
600位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。