ヤクシソウ

2012.11.02(Fri)

11月に入りました。少しずつ色彩がモノトーンになってゆく谷津の林縁で、黄色いヤクシソウの花がよく目立っています。

IMG_1614.jpg
(20121102 長生郡長柄町)

日当たりの良い斜面などを好んで生育する、キク科オニタビラコ属の越年草です。花の直径は1.5cmほど。茎は盛んに枝分かれし、大きくなると高さ1mくらいにまで成長します。しばしば群落を形成し、まるで黄色い絨毯のように見えます。

名前を漢字で書くともちろん「薬師草」なのですが、例によって例のごとくその由来にはいろんな話があり、葉が茎を抱くような形になり薬師如来像の光背みたいだからという説、薬師堂の近くで最初に見つかったという説、昔は薬用にされたからだという説など、これまさに諸説紛々です。

薬師如来といえば医薬の仏様。とにかくそういうものに関係あることは間違いないっぽいので、とりあえず見つけたら拝んでおけば、そのたびに寿命が0.2秒くらい伸びるかもしれません。断言はできませんが。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

19:45 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑