サラシナショウマの袋果

2012.11.04(Sun)

季節はどんどん過ぎていきます。林縁では白い試験管ブラシのようなサラシナショウマの花が終わり始め、果実が現れています。

IMG_1642.jpg
(20121104 千葉市若葉区)

「袋果」という形式です。「たいか」と読みます。ひとつひとつは1cmくらいの大きさで、先端には花柱が残っています。

IMG_1645.jpg
(20121104 千葉市若葉区)

拡大するとややグロテスクです。同じキンポウゲ科の、トリカブトの袋果とかっこうが似ています。やがて袋果は茶色く枯れていき、冬の訪れを前に割れ、4mmくらいの種子を飛ばします。種子にはぐちゃぐちゃっとした鱗片がついており、これで風に乗って飛んでいくのです。

※サラシナショウマ
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)


▽サラシナショウマに関する過去の記事

サラシナショウマ 2012.10.14
関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

20:02 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
650位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑