ハクビシンの糞

2012.11.11(Sun)

野外を毎日歩いていても、野生の哺乳類に直接遭遇するというのはなかなか難しいことです。しかし、彼らはそこにいれば必ず痕跡を残していきます。その痕跡を見分けることができるようになり始めると、野外を歩くことはぐっと楽しくなります。

都川の川岸で、獣の糞を見つけました。

IMG_2047.jpg IMG_2045.jpg
(20121111 千葉市若葉区)

これはハクビシンの糞です。秋から冬にかけてのハクビシンの糞には、このようにカキの種を初めとした種子が多く含まれがちです。そして、鼻を近づけるとほとんど臭くありません。そこがネコの糞やなんかとは違うところです。近くを歩き回って他にも数個の糞を見つけましたが、いずれも水のそば、中身も同じようなものでした。

夜間、川や水路の流れに沿って行動し、時には民家の庭にまで入り込んで果樹を襲う。この糞の主は最近ここでそんなふうに暮らしているようです。

▽ハクビシンに関する過去の記事

泥の上に残るハクビシンの足跡 2012.6.10

ハクビシンの足跡 2012.4.7

ハクビシンの幼獣(死体) 2009.10.1
関連記事
スポンサーサイト

Category: 哺乳類

19:54 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
669位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
73位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑