DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒメヤママユ

今年一番の冷え込みだったというこの夜。夜9時前に帰宅すると、玄関で足元に何か動物のようなものがバサッと落ちてきました。

一瞬、ヤモリかネズミかと思いましたが、照らしてみるとヒメヤママユの雄でした。

IMG_2305.jpg IMG_2307.jpg
(20121115 千葉市若葉区)

雄の触角は雌よりも幅広いので、容易に区別できます。

ヒメヤママユはヤママユガの中では小柄なものの、その美しさは親戚筋にあたる体の大きなクスサンやヤママユと比べても一歩も引けを取りません。眼状紋とヴィヴィッドな配色は実に見事です。小さいと言っても開張は10cmにも達します。

幼虫はクヌギやケヤキなど、様々な広葉樹の葉を食べて育ちます。成虫は晩秋に現れ、2週間ほどで死にます。その間に交尾を済ませ、卵で越冬して次の年に命をつないでいくのです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/17 20:47 ] 昆虫類・チョウ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。