チャドクガの幼虫

2008.07.03(Thu)

以前にも書いた通り、実は毛虫がどうも苦手な私。


私には、生理的にこのてのものがダメな人の気持ちはよくわかります。画像など見たくないと思います。しかし、だからこそ見ておいた方がいいと思います。見て、覚えておいたほうがいいです。なぜなら、このチャドクガの幼虫は時と場合によっては危険な生き物だからです。毛虫にも毒があるのとないのがあり、実際には毒のないほうがずっと多いのですが、これにはばっちり毒があります。



  

(20080701 千葉市若葉区)


この写真のはツバキの葉にいたやつですが、たいていはこのように複数でまとまっています。庭木などで見つけたら、駆除する際には葉っぱごと切り取って、何か乗っけて(毛が飛び散らないように)踏み潰すなり焼却するなりしましょう。殺虫剤をかけて殺しても、死骸にも毒があるので結局は除去しない限り無意味です。


刺されると非常にかゆく、皮膚に炎症を起こします。爪でがりがり掻いたりすると、皮膚に刺さった目に見えない微細な『毒針毛』が拡散しさらに悲惨なことになります。セロテープとかでまず刺された場所をくっつけてできるだけ『毒針毛』を除去し、水で洗いましょう。抗ヒスタミン剤の入った軟膏を塗布すると良いです。炎症がひどかったり目にでも入った場合は病院へ。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

21:36 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ルイ #79D/WHSg

1. ぎゃぁっ


見た。見ました。覚えました。キノコと一緒。色鮮やかなのかは毒も高い・・・・。


ぎゃーっ。怖いぃぃぃぃぃ。


そして今日何だか調子が悪いらしく、書き込みが二度ずつ入ってしまっています。大変申し訳ありません。これも二度入ったらやだなぁ。

2008.07.04(Fri) 22:58 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. お役に立てて幸いです。


>ルイさん
これは一度のようですよ(笑)。

毛虫の場合、色が綺麗だと毒があるというわけでもないのですが、これはかなりシビアな存在なのは確かです。覚えておいてください・・・怖いけど・・・

2008.07.04(Fri) 23:03 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
78位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑