セスジアカムカデ

2012.12.12(Wed)

足がたくさんあるから多足類。セスジアカムカデの足は、23対あります。

IMG_3167.jpg IMG_3169.jpg
(20121212 袖ヶ浦市)

北海道から南西諸島まで、幅広く生息している普通種です。体長は大きくても5、6cmほど。この写真の個体は3cmちょっとくらいです。別に、これが大きく成長してあの恐ろしいトビズムカデ(房総半島で「ハガチ」と呼んでるやつ)やなんかになるわけではありません。

普段は樹皮の下や落ち葉の下などで暮らしています。そのため眼は完全に退化しています。やはり毒性は持っているもののさほどではありません。

ちょっとびっくりするようなお話ですが、実は千葉県内にはなんと50種ものムカデが生息しているのだそうです。その中でもこのセスジアカムカデは、野外で比較的ふつうに出会う機会の多いムカデのひとつでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 多足類

20:55 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
661位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
59位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。