DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トゲナナフシの死体

トゲナナフシは南方系の昆虫で、千葉県は分布の北限ともされています。「千葉県の保護上重要な野生生物 -千葉県レッドデータブック-動物編」2011年改訂版によりますと、県内では君津市、富津市からの記録がある、ということになっています。しかし、私は昨年袖ヶ浦市で成体を撮影していますし、今年に入ってから千葉市内でも撮影しています。そして、これは何も私が大発見をなしたということではなく、他の人もけっこう千葉市内で出会っているようで、ネット上で写真を見ることもできます。千葉市内にも間違いなくいるのです。

この日は農道の路上で、まだ新鮮な死体を見つけました。

IMG_3316.jpg
(20121216 千葉市若葉区)

ほんとうに命を終えたばかりのようです。トゲナナフシはかなり秋遅くまで見られますが、やはり南方系の昆虫。12月の寒さにはさすがに耐えられないようです。この昆虫はほとんど雌しかおらず(近年雄が発見されちょっとした騒ぎになりました)、もっぱら単為生殖で増えます。卵で越冬します。

※トゲナナフシ
千葉県レッドリスト・C(要保護生物)


▽トゲナナフシに関する過去の記事

トゲナナフシ 2011.11.9
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/12/17 19:05 ] 昆虫類・ナナフシ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。