アズマモグラの「モグラ塚」

2012.12.24(Mon)

こういうようなのが「モグラ塚」であることは誰でも知っているでしょうが、さてモグラがどのような生き物でどのような暮らしをしているかは、知らない人が多いのではないでしょうか。なにしろいつも地面の下にいる動物です。

IMG_3409.jpg IMG_3410.jpg
(20121224 千葉市若葉区)

モグラは地面の下15から40cmほどの深さで長大なトンネルを掘って暮らしています。この「モグラ塚」は、穴を掘ったり坑道を修復したりした際に土を地面に押し上げたあとなのです。開けた場所で「モグラ塚」をたどっていくと、地面の下でどんなふうにトンネルが伸びているのかわかる時があります。たまに自然観察会などで、このモグラ塚を木の枝とかで上から掘ってモグラに出会おうとする子供さんなどがいますが、それは大変難しいです。モグラのトンネルは総延長が100mを越えるからです。

実物のモグラを見たことがない方も多いことでしょう。千葉に住んでいるのは、中部地方以東に分布するアズマモグラです。よく成長すると体長15cmほど。目は退化しており、毛はビロード状です。よく「スコップのよう」と例えられるその手は、実際にはパンチングミットに爪をつけたようないかついものです。その掘削能力は凄まじいもので、私は以前、集水マスに落ちてもがいているモグラをすくい上げて地面に置いたら、五秒もかからず地下に消えてしまったのを見たことがあります。

「太陽に当たると死んでしまう」というのも迷信で、しばしば地表でも行動し、時には日光浴をすることもあるとか。道理で昔飼っていた猫がよくくわえてきたわけです。

肉食性で、餌はミミズなどの土壌動物。12時間絶食すると死んでしまうという大変な大食漢です。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 哺乳類

16:39 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
650位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑