DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウスタビガの繭

冬枯れた雑木林の、そんなに高くない枝に、よくこんなものがぶらさがっています。

IMG_3968.jpg
(20130110 千葉市若葉区)

ヤママユガの仲間の大型のガ、ウスタビガの繭です。

ウスタビガ、というのは漢字だと「薄手火蛾」あるいは「薄足袋蛾」と書きます。どちらにしてもこの繭の形状からの命名です。「手火」というのは読んで字の如く手に持つ松明のような明かり、ひいては提灯みたいなもののことなのです。確かにそうしたものに似た形状ではあります。繭の底に小さな穴が開いているのは、水がたまらないようにするための穴です。羽化した成虫の出口は反対側にあります。

こうした繭は、冬になって出現するわけではなく、実は夏からずっとあるのですが、葉が茂っている間は目立たず、見つかりません。葉が散ってしまって初めて、この鮮やかな緑色が露わになるのです。

そして、露わになった頃にはもう中身は空っぽだったりします。ウスタビガは秋に羽化するので、今この繭をやぶいてみても、中には脱ぎ捨てた蛹の殻とかしか入っていないのです。自然というのはうまくできています。

※ウスタビガ
千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)


▽ウスタビガに関する過去の記事

ウスタビガ(♂) 2011.11.25
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/01/11 17:15 ] 昆虫類・チョウ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。