コガタルリハムシ

2013.02.14(Thu)

繰り返し襲ってくる寒波のせいで両生類の産卵なども例年より遅れているこの頃ですが、それでも春は少しずつ近づいています。コガタルリハムシが姿を現しました。

IMG_48861.jpg IMG_48891.jpg
(20130214 千葉市若葉区)

体長は5mmから6mmほど。「瑠璃」という名前の通り、金属光沢のあるディープブルーの、なかなか美しいハムシです。

この写真のようにお腹の大きいのは雌です。成虫で越冬し、早春に出てきて交尾・産卵し、孵化した幼虫はギシギシの葉を食べて育ったのち地中で蛹になり、羽化した成虫は冬の訪れを前にまた地中に戻って越冬し・・・というのが彼らの生活史です。ギシギシのあるところならどこにでも普通にいる虫だけれど、これが「コガタルリハムシ」という名前であることを知っている人は、日本人ざっと一億人のうち果たしてどのくらいいるのでしょう?
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

22:08 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
101位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑