DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トウキョウサンショウウオの卵嚢

冬物のコートは50パーセントオフで投げ売りするような時節になったのに、寒い日がまだまだ続いていますね。千葉でこんなに雪が降った冬は久しぶりです。

気温が上がってこない影響で、両生類の繁殖行動も例年より遅れています。アカガエルなどどこを回っても前年に比べると卵塊数が現時点でかなりマイナスです。

トウキョウサンショウウオの繁殖行動も、やっぱりややスロウです。この谷津田でも卵嚢はまだ少なく、前年同時期の記録と比べるとその数は約半分です。

IMG_5034.jpg
(20130220 袖ヶ浦市)

湧水の流れ込む土水路に産みつけられていたのですが、指を突っ込んでみるとあたたかく感じられるほど、その水温は安定しています。トウキョウサンショウウオの産卵には湧水が不可欠です。卵嚢はこのように、二つで一対になっているのが本来の形です。ひとつの卵嚢に入っている卵は数十~百数十個。5月頃には幼生が観察できるでしょう。

※トウキョウサンショウウオ
環境省レッドリスト・VU(絶滅危惧Ⅱ類)
千葉県レッドリスト・A(最重要保護生物)
千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)


▽トウキョウサンショウウオに関する過去の記事

トウキョウサンショウウオの幼生 2012.5.13

トウキョウサンショウウオの卵嚢 2012.4.19

トウキョウサンショウウオ 2012.2.14

トウキョウサンショウウオの幼生 2010.5.24
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/02/22 20:17 ] 両生類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。