イタドリハムシ

2008.03.23(Sun)

なんかめちゃくちゃ忙しくてあまり更新できなかった分を取り返すべく、午前中に二時間ほど鹿島川流域をうろうろして、いろんな生き物に「すいません、写真撮らせてくださーい」とお願いしてきました。


まず、第一弾はこの虫です。川沿いの道にいっぱいいました。


   

(20080322 千葉市若葉区)


テントウムシだと思ってた人、多いでしょ。大きさも模様も、シャカシャカ動いてすぐ飛ぶ動きもテントウムシ的ですが、実はハムシの仲間でして、イタドリハムシといいます。


なんでイタドリハムシというかと申しますと、成虫も幼虫も主としてイタドリを食べて生活しているからです。イタドリというのは、茎に竹みたいに節があってポキポキ折れて、山菜料理に使う渋い味のアレですね。


 

(20080322 千葉市若葉区)


オオイヌノフグリの花と比べて大きさがわかると思います。ヒゲが立派なところがテントウムシと違いますね。肉食が多いテントウムシと違い、ハムシの仲間はだいたい草食性です。そのことは、食性がそのまま名前に直結している種が多いことでもわかります。「ウリハムシ」とか「ダイコンハムシ」とか。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

21:05 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
67位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑