ツバキシギゾウムシ

2008.07.06(Sun)

ちょっとおもしろい虫でしょ。私も久しぶりに見ました。場所は私の自宅の真ん前なのですが。



  

(20080703 千葉市若葉区)


象さんのような、大変長い鼻というか口吻が特徴で、しかもその口吻の途中から触角が生えているという摩訶不思議な姿です。シギゾウムシの仲間には何種類かありますが、このツバキシギゾウムシは、長い口吻でもってツバキの実に穴をうがち、そこに産卵するのです。ちなみにこの写真の真上には立派なツバキの木があります。


大きさがどのくらいかというと、


 

(20080703 千葉市若葉区


しばしばこのブログに物差し代りに登場する私の左手の人差し指と比べてこのくらいです。つまり1cm以下です。とても小さな虫です。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

21:16 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
67位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑