DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スッポンの「青田さん」

2010年の5月、市内の河川で日光浴中のスッポンに出会ってから早3年。野生個体を間近で見てしまうとスッポンというのは大変に魅力のある生き物で、その後もずっと追いかけ続けています。今現在、市内でスッポンの出現ポイントを押さえ、動向を定期的に記録しているのはどうやら銀河系宇宙で私だけらしいのでなおさらです(このような希少な生き物に関して、基本的に「どこで観察できますか」といった質問にはお答えいたしかねますので悪しからず。公的なところにはちゃんと報告を上げております)。

例年のデータと気候から見てそろそろ日光浴に現れるようになる季節。今年も3月28日から調査めいたことを開始しました。

ら、さっそく遭遇しました。どんぴしゃです。

IMG_6549.jpg
(20130328 千葉市若葉区)

これまでの観察から、この河川の1km弱くらいの期間に、最低4頭のスッポンがおり、毎年ほぼ決まったポイント(せいぜい10数mの誤差)に日光浴に現れることがわかっています。前にも書きましたが、個体識別のためその4頭には名前をつけました。すなわち、大きくて真っ黒い色をしたのが「大田さん」、緑がかっていて背甲に斑があるのが「青田さん」、赤茶色をしたのが「赤田さん」、ちっちゃいのが「小田さん」です。この日現れてくれたのは「青田さん」です。2010年にこの記事で紹介したのと同一個体です。なかなか美しい個体です。

この4頭という数字は、あくまで個体識別ができるレベルではっきり観察できたのが4頭だということで、もっとたくさんいることはほぼ確実です。昨年、私は市内の別の水系の谷津田でもスッポンを撮影しています。産卵のために上陸してきた個体であったのかもしれません。そうした季節的な移動も含めて、まだまだ謎はいっぱいです。これから秋まで、今年も彼らの動向から目が離せません。

下は2010年に撮影した「青田さん」の動画、その下は「大田さん」の動画です。





※スッポン
環境省レッドリスト・DD(情報不足)
千葉県レッドリスト・情報不足
千葉市レッドリスト・X(消息不明・絶滅生物)


▽スッポンに関する過去の記事

清澄庭園のスッポン・2012年7月 2012.7.18

清澄庭園のスッポン 2012.6.8

スッポンの「小田さん」 2012.5.25

スッポン・2012年 2012.3.30

スッポンの日光浴・その2 2010.7.28

スッポンの日光浴 2010.7.16

スッポン 2010.5.13
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/03/29 17:41 ] 爬虫類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。