キュウリグサ

2013.03.30(Sat)

農道の道端で、キュウリグサも咲き始めています。この小さな青みがかった花、一つ一つの直径は2、3mm程度でしかありません。

IMG_6578.jpg IMG_6583.jpg
(20130329 千葉市若葉区)

可憐な花なのに、「胡瓜草」という微妙な名前。これは、葉を揉むとキュウリに似た匂いがするからだってんですが、うーん、実際にやってみるとそれほどのこともないというか、ちょっと強引な名づけの感じがしなくもありません。

ムラサキ科に属しています。日本全国どこでも野原や道端に普通に見られる植物ですが、麦の伝来とともに渡ってきた、非常に古い時代の帰化植物だと考えられています。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

13:06 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑