越冬明けのホソミオツネントンボ

2013.03.31(Sun)

30日の夜、23時ごろ帰宅すると、机の上に何か青みがかったマッチ棒のようなものがのっかっていました。

IMG_6664.jpg
(20130330 千葉市若葉区)

ホソミオツネントンボの雌です。この写真だと死んでるみたいに見えますが、たまたまひっくり返ったところを撮っただけです。

日本には成虫で越冬するトンボが3種類います。ホソミイトトンボ、オツネントンボ、このホソミオツネントンボです。ホソミオツネントンボは漢字で書くと「細身越年蜻蛉」ですから、まさしく名は体を表しています。

雌はこのように青みを帯びた薄い褐色ですが、雄は成熟すると見事なスカイブルーになり、ひらひらと飛ぶ姿は非常に美しいです。主に挺水植物の多い池沼や湿地で発生します。

※ホソミオツネントンボ
千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)


▽ホソミオツネントンボに関する過去の記事

ホソミオツネントンボの未成熟個体 2010.7.9

ホソミオツネントンボ 2009.5.7
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

20:37 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

南風 #-

ホソミオツネントンボ、今年も見たのですが、写真に撮ることは出来ませんでした。
例年になく、残念でした。

2013.04.01(Mon) 16:11 | URL | EDIT

大島健夫 #mQop/nM.

>南風さん
ホソミオツネントンボ、春先に見かけてもなかなかいい写真を撮るのは難しいですよね。

夏になって、鮮やかに色づいてくるのが楽しみです。

2013.04.01(Mon) 20:43 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
44位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑