フデリンドウ・2013年

2013.04.08(Mon)

千葉の里山では今年は昨年より様々な植物の開花が1週間~10日ほど早くなっています。日当たりの良い谷津の土手で、フデリンドウも咲き出しました。

IMG_6806.jpg IMG_6816.jpg
(20130407 千葉市若葉区)

高さ5cm程度、花の直径は2cm程度と、ボーっと歩いていると見落としてしまうくらい小さいものの、ちゃんとリンドウの形をしています。このかわいらしさが仇となって乱採掘の犠牲となり、千葉市のレッドデータブックでは「A(最重要保護生物)」にランクされています。一説には蘭の仲間のように菌と共生しているとも言われ、大変に微妙な環境で生育する植物で、家庭ではまず育てれるが不可能であることを思うと、実に愚かしいことです。

facebookにこの花の写真を載せたら、「リンドウはどうして『竜胆』と書くのか」という質問を頂きました。リンドウというのは根が漢方薬になるのですが、それが苦く、熊の胆よりももっと苦い・・・というところから「竜の胆」なんですって。

※フデリンドウ
千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)

▽フデリンドウに関する過去の記事

曇りの日のフデリンドウ 2012.4.29

フデリンドウ 2012.4.25
関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

20:17 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
59位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑