DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニワハンミョウ

谷津田の林縁でニワハンミョウを見つけました。走って追いかけると走って逃げるので、そーっと近づいて急いで撮影。右の上翅が少し痛んでいます。

IMG_7100.jpg
(20130411 袖ヶ浦市)

ハンミョウというと、「ニワ」とかがつかない、あの極彩色のやつを連想される方が多いと思いますが、このニワハンミョウもなかなかどうして、よく見れば渋い美しさです。体長は2cm弱。明るい地面を動き回り、おそろしく大きな上顎で他の昆虫を捕えて食べます。

よく言われる「斑猫の毒」というのは、ツチハンミョウやマメハンミョウの仲間が持っている「カンタリジン」のことで、実はホントウのハンミョウ科の昆虫は無毒です。ややこしいですね。

とは言え、先にも述べたように顎が発達しており、噛まれるとけっこう痛いので、あわてて手で押さえたりしないようにお気をつけ下さい。それでなくとも環境の悪化により、県内各地で減少の一途をたどっています。

※ニワハンミョウ
千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/04/12 18:21 ] 昆虫類・甲虫目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。