DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マツバウンラン

マツバウンランは、ちょっと古い図鑑には載っていなかったりする、比較的新しい帰化植物です。北米原産で、日本で最初に確認されたのが1941年に京都でのこと、その後1980年代には関東に進出し、今もじりじりと北進を続けているようです。

IMG_7867.jpg IMG_7866.jpg
(20130502 千葉市若葉区)

葉っぱがマツ、花がウンランに似ているというのでこの名前がついています。ちなみにウンラン、マツバウンランともランの仲間ではなく、ゴマノハグサ科です。

縦にすーっと伸びた茎、薄紫色の花はなかなか美しく、私も初めてこの植物を見た時は手持ちの図鑑を引っくり返し、先に述べたような理由でなかなか種名を知ることができずやきもきした思い出があります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/05/06 17:32 ] 山野草 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。