DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニホンカワトンボ・2013年

初夏の小川や湧水のある谷津田では、ニホンカワトンボに出会うのは楽しみのひとつです。透明翅型、淡橙色翅型、橙色翅型、各種のカワトンボが水路の上を行き来する光景は、生きた湧水環境が保存されているからこそのものです。

IMG_8028.jpg IMG_8022.jpg
(20130508 千葉市若葉区)

この水路はコンクリートの三面張りで挺水植物も少なく、一見ヤゴの生育に適しているとは思えませんが、毎年まとまった数のカワトンボが発生します。上の写真のようにのんびり植物上などにとまっているように見えるのは縄張りの監視、流れに沿って優雅に飛んでいるように見えるのはパトロールで、優雅に見えても彼らは彼らの都合の中で必死です。何しろ4月後半から5月に羽化し、梅雨の頃までには死んでしまうのですから無駄な時間などありません。

IMG_8077.jpg
(20130508 千葉市若葉区)

交尾行動中のカップルがいました。翅に赤い紋があるのが雄、白い紋があるのが雌です。カワトンボの交尾は日中に行われ、見事なハート形を描きます。

※ニホンカワトンボ
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)


▽ニホンカワトンボに関する過去の記事

ニホンカワトンボの交尾 2012.5.30

ニホンカワトンボ・2012年 2012.5.9

ニホンカワトンボのヤゴ 2011.9.26

ニホンカワトンボの未成熟個体 2010.4.24

ニホンカワトンボのいろいろ 2009.5.17

ニホンカワトンボ 2009.5.1
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/05/08 18:28 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。