DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アズマヒキガエルの上陸

谷津田の一番上のどんづまりの田んぼの、さらに一番奥の幅5mくらいの一角で、何やら黒い小さなものがピンピン跳ねています。

アズマヒキガエルの変態上陸です!

IMG_8269.jpg
(20130514 袖ヶ浦市)

ざっと500匹はいるでしょうか。成長すると体長10cmを越えるヒキガエルも、この段階ではまだ1cmくらいでしかありません。動画でご覧ください。



成長するとほとんど跳ねなくなるのですが、今のうちはまだよく跳ねます。一匹一匹を拡大するとこう。

IMG_8267.jpg IMG_8268.jpg
(20130514 袖ヶ浦市)

うーむ、すごくちっちゃいけど確かにヒキガエルの形をしています。このような仔ガエルの生存率はたいへん低く、1年生存率が3%くらいだとか。2、3年生き抜いて性成熟を迎えられるのはさらにわずかな個体です。よく庭なんかで、でーんと座っている大きなヒキガエルは、あれは実は厳しい生存競争を生き抜いてきた、運と実力を兼ね備えたヒキガエル界のスーパーエリートなのです。

※アズマヒキガエル
千葉県レッドリスト・C(要保護生物)
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)


▽アズマヒキガエルに関する過去の記事

アズマヒキガエルの繁殖行動・2013年(2013.3.19)

アズマヒキガエルの繁殖行動(2012.4.5)

アズマヒキガエルの休眠(2011.6.2)

アズマヒキガエルの幼生が上陸間近(2011.5.19)

アズマヒキガエルの幼生(2011.4.26)

アズマヒキガエルの繁殖行動が最盛期(2011.3.30)

アズマヒキガエルの繁殖行動・2011年(2011.3.18)

アズマヒキガエル、ウシガエルに抱接する(2010.3.18)

産卵後のアズマヒキガエル(2010.3.16)

鹿島川沿いの田んぼにおけるカエルの卵塊(2010.3.13)

アズマヒキガエルの卵塊(2010.3.8)

アズマヒキガエル出現(2010.3.3)

千葉市の両生類(2010.1.24)

アズマヒキガエルの繁殖行動(2009.3.25)

アズマヒキガエルの午睡(2008.4.15)

アズマヒキガエル(2008.3.19)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/05/15 18:56 ] 両生類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。