アズマヒキガエルの上陸

2013.05.15(Wed)

谷津田の一番上のどんづまりの田んぼの、さらに一番奥の幅5mくらいの一角で、何やら黒い小さなものがピンピン跳ねています。

アズマヒキガエルの変態上陸です!

IMG_8269.jpg
(20130514 袖ヶ浦市)

ざっと500匹はいるでしょうか。成長すると体長10cmを越えるヒキガエルも、この段階ではまだ1cmくらいでしかありません。動画でご覧ください。



成長するとほとんど跳ねなくなるのですが、今のうちはまだよく跳ねます。一匹一匹を拡大するとこう。

IMG_8267.jpg IMG_8268.jpg
(20130514 袖ヶ浦市)

うーむ、すごくちっちゃいけど確かにヒキガエルの形をしています。このような仔ガエルの生存率はたいへん低く、1年生存率が3%くらいだとか。2、3年生き抜いて性成熟を迎えられるのはさらにわずかな個体です。よく庭なんかで、でーんと座っている大きなヒキガエルは、あれは実は厳しい生存競争を生き抜いてきた、運と実力を兼ね備えたヒキガエル界のスーパーエリートなのです。

※アズマヒキガエル
千葉県レッドリスト・C(要保護生物)
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)


▽アズマヒキガエルに関する過去の記事

アズマヒキガエルの繁殖行動・2013年(2013.3.19)

アズマヒキガエルの繁殖行動(2012.4.5)

アズマヒキガエルの休眠(2011.6.2)

アズマヒキガエルの幼生が上陸間近(2011.5.19)

アズマヒキガエルの幼生(2011.4.26)

アズマヒキガエルの繁殖行動が最盛期(2011.3.30)

アズマヒキガエルの繁殖行動・2011年(2011.3.18)

アズマヒキガエル、ウシガエルに抱接する(2010.3.18)

産卵後のアズマヒキガエル(2010.3.16)

鹿島川沿いの田んぼにおけるカエルの卵塊(2010.3.13)

アズマヒキガエルの卵塊(2010.3.8)

アズマヒキガエル出現(2010.3.3)

千葉市の両生類(2010.1.24)

アズマヒキガエルの繁殖行動(2009.3.25)

アズマヒキガエルの午睡(2008.4.15)

アズマヒキガエル(2008.3.19)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

18:56 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
104位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑