ヤマトシリアゲのタンデム交尾

2013.05.16(Thu)

房総半島でもっとも普通に見られるシリアゲムシ、ヤマトシリアゲは、雄が雌に食べ物を与え、雌が食べている間に交尾をするという習性をもっています。森の中でちょっとおかしな光景に出会いました。一枚の葉に二組のカップルが並んで交尾をしているのです。

IMG_8327.jpg IMG_8329.jpg
(20130514 袖ヶ浦市)

この場合の「餌」は、鳥の糞のようです。同じ食べ物で雌をくどいた雄が二匹いたということですね・・・。恐竜時代から姿を変えずに生き続けている太古の証人・シリアゲムシ。その交尾はたいへん静かで、ほとんど動きもないままこの形でずっと続きます。

※ヤマトシリアゲ
千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)
千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)


▽ヤマトシリアゲに関する過去の記事

ヤマトシリアゲの交尾 2010.5.25

ベッコウシリアゲ(♂) 2009.10.3

ベッコウシリアゲ(♀) 2009.9.25

ヤマトシリアゲ(♀) 2009.6.4

ヤマトシリアゲ 2008.7.9
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
703位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
65位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑