オジロアシナガゾウムシ

2013.05.22(Wed)

オジロアシナガゾウムシは、体長1cm弱ほど。固そうないかつい体は白と黒のヴィヴィッドな体色をしており、林縁などでよくこうしてクズの茎にとまっています。

IMG_8536.jpg
(20130521 千葉市若葉区)

この虫はクズと不可分の暮らしをしており、こうしたクズの茎に傷をつけて卵を産み、幼虫は「虫こぶ」を作ってクズの中身を食べながら成長します。そして成虫になると今度はクズの葉を食べるのです。

動きは鈍く、武器も持っていません。茎にしがみつく力はたいへん強く、ちょっと引っ張ったくらいではとれません。それでも引きはがすと今度は「擬死」、死んだふりをします。そもそもこの黒と白の体色は、鳥の糞に擬態しているのだということです。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

22:41 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
82位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑