DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オジロアシナガゾウムシ

オジロアシナガゾウムシは、体長1cm弱ほど。固そうないかつい体は白と黒のヴィヴィッドな体色をしており、林縁などでよくこうしてクズの茎にとまっています。

IMG_8536.jpg
(20130521 千葉市若葉区)

この虫はクズと不可分の暮らしをしており、こうしたクズの茎に傷をつけて卵を産み、幼虫は「虫こぶ」を作ってクズの中身を食べながら成長します。そして成虫になると今度はクズの葉を食べるのです。

動きは鈍く、武器も持っていません。茎にしがみつく力はたいへん強く、ちょっと引っ張ったくらいではとれません。それでも引きはがすと今度は「擬死」、死んだふりをします。そもそもこの黒と白の体色は、鳥の糞に擬態しているのだということです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/05/22 22:41 ] 昆虫類・甲虫目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。