庭のシュレーゲルアオガエル・2013年

2013.06.06(Thu)

私の家の庭には、2009年までは毎年たくさんのシュレーゲルアオガエルが訪れていたのですが、2010年にはほとんど見られなくなり、2011年以降は1頭も現れなくなっていました。それが実に久々に姿を現しました。

IMG_9013.jpg
(20130606 千葉市若葉区)

私の家は鹿島川系の平川幹線排水路と都川の、ちょうど中間あたりの台地上に立っています。都川とうちの間には国道が通っていますので、うちに来るシュレーゲルはおそらく平川の田んぼで生まれたものでしょう。これは、シュレーゲルが季節的に数百メートルから1キロもの移動を行うことを示しています。

あくまでも仮説ですが、うちにシュレーゲルが現れなくなった時期は、私の家と平川を直線で結ぶ地点に広がる草地に大量の除草剤が撒かれていた時期と符合します。私はカエルたちがそれを嫌った可能性は高いと思っています。その草地から一歩平川側に入った林縁までは、毎年シュレーゲルアオガエルがちゃんと来ていたのです。

いずれにしても、両生類の多くは季節的にかなり大規模な移動を行います。道路建設や薬剤散布、伐採など、そのような移動を分断する人為的な行為が、彼らの減少の大きな原因であるのは間違いありません。

※シュレーゲルアオガエル
千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)


▽シュレーゲルアオガエルに関する過去の記事

水路に集まるシュレーゲルアオガエル・2013年 2013.5.9

水路のシュレーゲルアオガエル 2012.5.8

シュレーゲルアオガエル、水路に集まる 2011.5.14

路上で寝るシュレーゲルアオガエル 2010.11.13

シュレーゲルアオガエルの幼体 2010.8.28

斑紋のあるシュレーゲルアオガエル 2010.8.23

やっぱりシュレーゲルアオガエル 2010.8.20

シュレーゲルアオガエルとニホンアマガエルの幼体の区別 2010.7.7

シュレーゲルアオガエルのオタマジャクシ 2010.6.4

シュレーゲルアオガエル・2010年初目撃 2010.5.28

千葉市の両生類 2010.1.24

シュレーゲルアオガエル・2009コレクション 2009.12.31

シュレーゲルアオガエル@いずみの森 2009.11.11

路上のシュレーゲルアオガエル 2009.10.23

台風前夜のシュレーゲルアオガエル 2009.8.31

シュレーゲルアオガエルの昼寝 2009.7.28

ミカンの木のシュレーゲルアオガエル 2009.7.26

シュレーゲルアオガエルの上陸 2009.6.30

シュレーゲルアオガエル・今年初目撃 2009.5.24

シュレーゲルアオガエルの幼体・その2 2008.8.31

シュレーゲルアオガエルの幼体 2008.7.29

ツバキの木のシュレーゲルアオガエル 2008.7.19

窓ガラスのシュレーゲルアオガエル 2008.7.8
関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

23:38 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
703位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
65位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑