DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒメアトスカシバ

「ベイツ型擬態」というものがあります。ものすごく乱暴に言うと、弱い生き物が強い生き物に姿を似せて身を守ろうとするというたぐいの擬態です。人間でもたまに「喧嘩〇〇戦無敗」とか「武術の奥義を窮めた」とか言って自慢しつつ実はやったことない人とかいますが、考え方としてはああいうのに近いと言えなくもありません。

しかし、人間だったらウソがばれても周りから叩かれるか、せいぜい強い人にぶちのめされるくらいのところで、謝ればまさか命までとられるということはあまりないでしょうけれど、自然界では常に命がかかっているので、ばれたら一巻の終わりです。そのウソというか擬態の重さはまさしく命の重みです。

ヒメアトスカシバは、武器もない開張2.5cmほどの弱いガです。そこで、同じような大きさでありながら誰もが恐れるハチに擬態しています。

IMG_9408.jpg
(20130623 千葉市若葉区)

黄色と黒の模様は、とまっている時もさることながら飛んでいるとかなりハチそっくりに見えます。名前の「スカシバ」というのは「透かし羽」であり、ガでありながら鱗粉を欠いており透明な翅を持っているところもハチっぽいです。主に梅雨の季節以降、林縁の葉上などでその姿を見ることができます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/06/23 18:40 ] 昆虫類・チョウ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。