DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハグロトンボ(♂)

雌は黒褐色系の色合いが強いハグロトンボですが、雄はこのように青系メタリックの艶があります。



 

(20080709 千葉市中央区)


ハグロトンボは歩い程度近づくのは比較的に簡単なのですが、いざカメラを目前まで近づくと、「ふわあっ」と飛びます。トンボの仲間はわりとみんな「ギュイーン」という飛び方ですが、ハグロトンボは昔のプロペラ機が離陸するような、瞬発力を感じさせない飛び方です。私はこの「ふわあっ」という感じが好きで、その時の前翅と後翅を互い違いにゆっくり動かしたりしている様子を見ると「今日もいいものを見たなあ」という気持ちになります。



  

(20080709 千葉市中央区)

上二枚はその「ふわあっ」の直前の様子です(飛ぶ瞬間は取り損ねた)。


このトンボが育つには、ヤゴの時代を過ごすための、水生植物の多い、ゆったりとした水の流れが必要です。直線的な三面張り護岸とかをしている場所と、比較的自然の流れの形が残っている場所では、はっきりと数が違います。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/07/11 21:19 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(2)
1. わわっ。

かっちょいいー。見た事ない!
[ 2008/07/12 00:36 ] [ 編集 ]
2. ええ

>ルイさん
綺麗ですよお。ご帰国の折には川のそばなどでお探しになってみてください。
[ 2008/07/12 19:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。